カーリースシステム

「所有する」ではなく「使用する」カーリースは、今の時代にあった合理的な自動車利用システム

カーリースとは、一定の期間・一定の金額でトヨタレンタリース山梨よりお客様にクルマを貸し出すシステムです。
所有することにより必要となる税金や保険の支払い、メンテナンスなどの手間をトヨタレンタリース山梨が代行し、車の持つメリットだけを受け取っていただくことができます。

月々一定のリース料でクルマをお使いいただけます

カーリースでは、クルマを所有としないことで、一時払いの負担や、税金資産計上の必要もなくクルマを継続的に保有する場合に必要な税金や、代替などで発生する負担を予定する必要はありません。

残価を設定することにより、毎月のお支払がお安くなります。

月々一定のリース料でクルマをお使いいただけます

カーリースの場合は、あらかじめ中古車予想価格にあたる「予定残存価格」を差し引いてからリース料を設定します。

したがって、合理的なリース料の算定といえます。


税金や保険料も込み!リース料の計算方法について

すべての費用から予定残存価格を差し引いた「リース料総額」をリース月数で割ったものが月額のリース料になります。ご契約の車種・契約内容によって実際のリース料は異なります。

税金や保険料も込み!リース料の計算方法について

車両、保険、メンテナンスなどを自由にパッケージできる『オーダーメイド商品』

カーリースでは、車両はもちろんのこと保険やオプション、メンテナンスや代車の手配までお客様のご希望に合わせた商品をご提供しています。トヨタレンタリース山梨ではカーリースを利用するメリットがより顕著に出るメンテナンスリースをお勧めしています。

リースに含まれる一般的な項目例

項目 メンテナンスリース ファイナンスリース
車両価格
登録諸費用
自動車税
自賠責保険料
任意保険料
定期点検整備費 -
一般修理費 -
巡回サービス -
事故修理費
車検費用 -
タイヤ・オイル交換代 -
代車 -

※車両保険付時

※上記表の各項目は、契約内容により含まないものもあります。あくまでも一般的な例であり、実際のご契約内容によりいろいろな組み合わせが可能です。

カーリースと購入したときの違い

  カーリースの場合 購入の場合
保険・税金 毎月のリース代に含まれています。 取得時に諸費用と毎年の税金・保険料を支払います。
経理面 リース料は経費として計上でき、固定資産は増加しません。 資産として計上し、毎年減価償却します。固定資産も増加します。
メンテナンス メンテナンス契約の場合はトヨタレンタリース山梨が行います。 お客様が行います。
車両所有権 トヨタレンタリース山梨にあります。 基本的にはお客様にあります。ローンの場合は販売店が保留しています。
車両の処分 トヨタレンタリース山梨にご返却いただくだけです。 処分の手続き・固定資産の抹消や売却損益の計上をお客様が行います。