法人の方

車両管理を大幅に軽減します。(メンテナンスリースの場合)

  • わずらわしいメンテナンスの手間を削減します

    車両メンテナンスは、当社で一括管理、業務削減をはかります。
    車両、点検の手配、故障時の代車の手配、オイル交換の管理 等、巡回サービスの実施により、転換整備時間の短縮、車両のキメ細かな管理を実施。

  • 経理業務が大幅に削減できます

    車両所有の場合、税金、保険の支払業務、車検、点検時の支払業務、減価償却の計算、維持管理費の集計 等の業務が、発生しますが、リースですとこれらの業務が大幅に軽減できます。

  • 万一の事故処理のわずらわしさを軽減します

    保険会社との打合せ、保険金の請求手続き、修理先の手配、代車の手配などの業務も当社で代行いたしますので、その業務削減になります。

-車両管理業務の合理化をはかります-

多額な一時払いの負担がなくなります。

カーリースなら、月々一定の支払いだけ。資金を有効にご活用いただけます。

多額な一時払いの負担がなくなります。

100%融資と同じ効果があります。

カーリースなら、車両購入資金調達時の「拘束性預金」は必要ありません。
銀行から100%の融資を受けた場合と同じ効果を生み出します。

24時間サポートダイヤル

万一の事故、故障の場合でも365日・24時間対応のサポートダイヤルが対応します。

トヨタカーリース給油専用カード

全国のほとんどのガソリンスタンドで使用できます。給油コスト、代金清算の一括管理ができます。お支払はキャッシュレス、入会金なしです。

TCM-Support

リース車両に関するさまざまな情報を一括でサポート。

  • 給油カードや、ETCカードなどのコスト管理をはじめ車両管理に関わる幅広いニーズにお応えします。
  • リース満了後の更新・再リースの申込みがオンラインで行えます。
  • エクセルでの編集が可能なデータをダウンロードできます。
  • 弊社でのご契約の車両に限らず、購入車両などすべての社用車管理が行えます。

全国5000店のトヨタサービス工場で対応できます

県外での故障、整備も全国のトヨタ店で対応します。

対外的信用力が保持されます。

車両を購入すれば、当然、固定資産の増加・借入金の増加・流動資金の減少など、みかけ上、財務比率を悪化させてしまいます。
カーリースの場合なら、資産計上の必要もなく、信用力が保全されます。

リース料は全額経費扱いになります。

リース料は法人税法上原則として「必要経費」扱いとなります。
車両代・税金・保険料・メンテナンスなど一切の費用すべてが月々一定のリース料として必要経費処理できます。

残価を設定することで月々の支払いがお安くなります。

経理事務比較

メンテナンスリースシステムなら、「リース料+燃料代+駐車場代」だけですから、車両コストが簡単に把握できます。

したがって事業プランや予算がたてやすくなり、ひいては社内の原価意識の向上にもつながります。


車両を保有する場合に必要な税・保険の支払いは不要。

カーリースなら、車両を保有する場合に必要な税・保険の支払いは、すべて不要になります。
特に多くのクルマを保有する場合ほど、そのメリットは大きくなります。

主な代行項目・・・自動車諸税の納付 保険加入の手続き 保険料の支払い

ニーズに合わせたクルマを選択できる。

ニーズに合わせたクルマを選択できる。

安心のブランド、トヨタ車の中からお客様のビジネスニーズに合ったクルマをお選びいただけます。

カーナビや、カーオーディオなどのオプションの他、ご希望 に合わせて社名塗装や特別架装などの専用車両の開発も可能です。

また、ビジネス用途に合わせて開発したTECS(メーカー完成特装車)も豊富に取りそろえ ています。